総量規制について

「総量規制」という言葉をご存知ですか?
多重債務問題の解決を目指すため、2006年12月20日に改正貸金業法が公布され、2010年6月18日までに完全施行されることになっています。

では、その総量規制とは何なのでしょうか?
完全施行されると、年収の3分の1を超える無担保ローンは借り入れ出来なくなります。
これは1社からではなく複数社からの借入残高合計となります。 また、一定額の借入残高がある場合、定期的に年収を証明する書類を貸金業者に提出しなければなりません。
これが『総量規制』というものです。

それでは、現状年収の3分の1以上の借入がある方、年収の3分の1以上の借入をしたい方は、不可能と言うことでしょうか?
それは不可能ではありません!
総量規制は、法律文書に書かれているのは、消費者金融、事業者金融会社、クレジット会社、信販会社といった貸金業者からの借り入れを対象としていて、
銀行からの借入は対象としていません。
当ページでは、年収の3分の1以上の借入をしたい方に勧められる銀行ローンを紹介します。

キャッシング
お申し込み サービス名 金利 即日
融資
アルバイト ご利用
限度額
特徴
楽天銀行
カードローン
1.9%〜
14.5%
OK OK 800万円 ネット銀行の楽天銀行のカードローン
上限金利も低く、即日融資もあり、非常に使いやすくなってます。
※平日14時までにWEB契約完了が必要


 楽天銀行カードローン
キャッシング情報 便利で有名なネット銀行の楽天銀行のカードローン。
キャッシング情報 即日の審査と即日の融資で全国のATMですぐに借りれます。
キャッシング情報 300万円以下は収入証明書が必要ありません。
キャッシング情報 おまとめ、借り換えとしてもご利用可能です。
実質年率 借入限度額 審査時間 来店有無
1.9%〜14.5% 800万円 即日 不要
今ご入会すると楽天スーパーポイント1000ポイントプレゼント!インターネットだけでなくコンビニATMでもご利用可能。




キャッシング

ネットから申込み手続きをすることについては、多くの利点があります。
例えば、店頭窓口で融資の手続きをする場合は、どうやっても相手の人と顔を合わせる必要があります。
人と顔を合わせたくないなら無人契約機という方法があります。
しかし契約機のある所まで行かなければならないため、出入りの時に知人と会う危険があります。

周りを気にすることなく申込み手続きをしたい方は、インターネットからの申込みが最適です。

他に上げられるのが、申込み後の審査についてです。
金融機関窓口や無人契約機から受け付けた場合、
外見の印象やちょっとした言葉の言い回しといったものも全て審査対象となります。
そのため、申込みに来た時に服装がみすぼらしかったり、
言動に問題があった時は審査結果が低くなることがあります。

インターネットキャッシングの場合は、挙動や身なりをチェックされませんね。

また、キャッシング会社にとってもネットキャッシングは利点があります。
人件費の分の費用を省くことができるというメリットがあります。
会社によっては、インターネットからキャッシングの申込みをした人は、
金利の優遇措置があったり、有利な面があったりするところもあるようです。